suu pen / RN-42XVPsample

Buletooth module(RX-42XVP) sample program

Dependencies:   mbed

Buletoothモジュール(RN-42XVP)の青mbed(LPC1768)での動作確認

<概要>

トランジスタ技術2014年3月号 3章のBuletoothモジュール(RN-42XVP)とLPC810を使った作例で、LPC810を青mbed(LPC1768)に変更して、配線とmbedプログラムを簡素化して動作確認をしやすくしました。

動作例動画:

<機材準備>

  1. 配線 Buletoothモジュールへの電源供給はmbedから行います。またシリアル通信線2本をmbedに接続します。
RN-42XVPmbed(LPC1768)
Pin1(Vcc)VOUT(3.3V)
Pin2(DOUT)p14(rx)
Pin3(DIN)p13(tx)
Pin10GND(0V)
  1. Androidアプリ AndroidアプリはCQ出版社のwebからダウンロードします。 http://toragi.cqpub.co.jp/tabid/707/Default.aspx
    パソコンからandroidへのインストールはトランジスタ技術の記事を参照してください。
  1. 青mbed(LPC1768)のプログラム Mbedのwebからダウンロードしてください。

    Import programRN-42XVPsample

    Buletooth module(RX-42XVP) sample program

<動作>

Androidアプリはテンキー(0~9)と”LED ON/OFF”のボタンがあり、これらのボタンを押すとアスキーコードの’0’~’9’,’+’,’-‘が送信されます。これを青mbedで受信して、mbed上の4つのLEDを制御します。また受信したデータをmbedのUSB-Serialで外部に送信します。パソコンでターミナルソフト(TeraTarmなど)で確認できます。

以上

Download repository: zip gz

Files at revision 0:66a02c06ec33

Name Size Actions
[up]
main.cpp 1112 Revisions Annotate
mbed.bld 65 Revisions Annotate